2013年 正倉院展の開催概要

毎秋恒例の正倉院展が、今年は10月26日(土)から11月11日(月)まで奈良国立博物館で開催される。

正倉院

今回の出品作品は、計9000点を数える正倉院宝物(国宝、重文級の美術品、文化財を多数含む)のうち、初出展16点を含む66点。

出陳内容は正倉院宝物の全体像がうかがえる構成となっていますが、とりわけ23年ぶり二度目の出陳となる漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)をはじめとする仏具の優品、聖武天皇ご遺愛の平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)と屏風がまとまって出陳されるのが注目されます。このほか、楽器や伎楽面(ぎがくめん)、貴族の遊びの道具、腰飾りや刀子(とうす)などの装身具、宮中の年中行事にかかわる道具、奈良朝の人々の暮らしを伝える文書などが出陳されます。
第65回正倉院展 – 奈良国立博物館

正倉院展は、天平美術の傑作、シルクロード・唐等からの貴重な舶来美術を多く含む正倉院宝物を、まとまった形で鑑賞できる稀少な機会です。

私自身は過去の回を見学したことがないのですが、今年はぜひ見に行きたいと思っています。

[開催概要]
会期 2013年10月26日(土)~11月11日(月) ※無休
会場 奈良国立博物館
開館時間 午前9時~午後6時 ※金、土、日、祝は午後7時まで
料金 当日 大人1000円、大高生700円、小中生400円

[参考]
第65回正倉院展 – 奈良国立博物館
第65回正倉院展 – 読売新聞

(写真: 正倉院 by takato marui