北京の大気汚染の主犯は重工業

北京の大気汚染の主犯は重工業というThe Wall Street Journalの記事を読みました。

Beijing’s Smog Ain’t Going Nowhere – China Real Time Report – WSJ

記事の要旨は、

・北京とその周辺地域におけるPM2.5の58%は、電力、製鉄、セメント、れんが産業における石炭燃焼から来ている。一方、自動車による排出はわずか4%程度。

・北京の外側の河北省には製鉄産業が集中しており、北京は世界最大の工業活動の集中地の真ん中に位置することとなっている。

・中央政府の定めた汚染(解消)目標に合致するには今後4年間で全国の石炭消費を10%減らす必要があるが、2013年には石炭消費が2.5%増加したことを踏まえると、それは難しそうだ。

・石炭消費を減らすには、天然ガス、原子力、再生可能エネルギー等の別のエネルギー源の大きな拡大が必要。

・中国のエネルギー供給に占める石炭の割合は2006年の71%から2013年には65%に減ったが、石炭消費の絶対量を減らすには十分な速さでない。

等の内容です。

北京の大気汚染の主な原因は石炭を大量に燃やす重工業で、自動車の排気ガスは意外にも要因としては小さいようです。

大気汚染を改善するには重工業での石炭消費を減らすことが必要とのことで、汚染が根本的に解決されるにはまだまだ時間がかかりそうな現状が伺えます。

[ギャラリー] 2013年11月 奈良旅行 1

昨秋奈良に旅行した際の写真を、ギャラリー形式でアップします。

1日目:
般若寺→東大寺(転害門、鐘楼、俊乗堂、念仏堂、法華堂、二月堂、南大門)→奈良国立博物館

2014年に日本と近隣諸国で開催されるビエンナーレ、トリエンナーレ一覧 (更新版)

2014年に日本と近隣諸国で開催される、現代美術の国際展(ビエンナーレ、トリエンナーレ)の最新情報をまとめました。

以前投稿した、2014年に日本と近隣諸国で開催される現代美術の国際展一覧の更新版です。

・札幌国際芸術祭
2014年7月19日から9月28日
会場: 北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館など
札幌国際芸術祭 2014

・横浜トリエンナーレ
2014年8月1日から11月3日
会場: 横浜美術館、新港ピアなど
キュレーターは森村泰昌氏
ヨコハマトリエンナーレ 2014

・光州ビエンナーレ (韓国)
2014年9月5日から11月9日
Gwangju Biennale Foundation

・福岡アジア美術トリエンナーレ
2014年9月6日から11月30日
会場: 福岡アジア美術館など
第5回 福岡アジア美術トリエンナーレ 2014

・BIWAKOビエンナーレ
2014年9月13日から11月9日
会場: 近江八幡市、大津市の各所
BIWAKOビエンナーレ

・台北ビエンナーレ (台湾)
2014年9月13日から2015年1月4日
会場: 台北市立美術館
About 2014 Taipei Biennial Curator – Taipei Fine Arts Museum

・みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ
2014年9月20日から11月22日
会場: 山形県郷土館「文翔館」、東北芸術工科大学キャンパスなど
みちのおく芸術祭 山形ビエンナーレ 2014

・釜山ビエンナーレ (韓国)
2014年9月20日から11月22日
会場: 釜山市立美術館、釜山文化会館など
Busan Biennale

・上海ビエンナーレ (中国)
2014年10月25日から2015年3月2日
Shanghai Biennale  ※2014年の情報は未掲載

今年は3年に1度の横浜トリエンナーレの開催年と、韓国、中国、台湾の主要なビエンナーレの開催年に当たっています。

また、日本では、札幌、福岡、滋賀、山形でも小・中規模のビエンナーレが開催されます。

開催時期はいずれも秋前後で、ピーク時には最大10近くの芸術祭が東アジアで同時開催されることになります。

京都の特別公開(2014年春)

3月下旬から、京都の色々な寺社でも特別公開が始まっています。

京都の特別拝観・一般公開 – KYOTO design
イベントカレンダー – DigiStyle 京都

時期的には、3月下旬から5月下旬にかけて特別公開を行う寺院が多く、代表的な寺院は以下です。

東寺 宝物館(2014/3/20-5/25)
観智院 五大虚空蔵菩薩坐像(3/20-5/25)
醍醐寺 霊宝館(3/20-5/18)
・大徳寺の複数の塔頭寺院(興臨院 3/22-6/1、総見院 3/23~5/25、黄梅院 3/23-5/11)
仁和寺 霊宝館(4/1-5/25)
清涼寺 霊宝館(4/1-5/31)

兜跋毘沙門天像
《兜跋毘沙門天像》(唐代、東寺蔵)

東寺 宝物館、醍醐寺 霊宝館、仁和寺 霊宝館、清涼寺 霊宝館では、各寺院が所蔵する普段非公開の仏教美術(仏像、絵画、工芸等)が多く展示されるので、特別公開の時期は、これらの寺院を訪れるのに絶好の機会です。

また、普段非公開の大徳寺の塔頭寺院の一部で、建物と禅宗庭園の特別公開が行われます。

※これらの寺院では、同様の特別公開を毎年秋にも行っています。

比較的長期間行われる上記の特別公開の他に、ゴールデンウィークの時期(4/26-5/6)には京都古文化保存協会の主催する別の特別公開も行われます。

京都古文化保存協会 平成26年度 京都春季非公開文化財特別公開

こちらは毎年公開される寺社も、1年限りの寺社も含まれています。

今春の公開対象は20箇所で、
大徳寺 本坊
知恩院 三門
東寺 五重塔 初層 (4/26-5/25)
仁和寺金堂・経蔵
などが公開されます。

また、毎年5月上旬の5日間(5/1-5)に限って貴重な美術作品の特別公開を行っている寺院として神護寺があり、伝源頼朝像、伝平重盛像、釈迦如来像といった国宝絵画等が特別公開されます。

神護寺

伝源頼朝像
《伝源頼朝像》(神護寺蔵)

春の京都は多くの寺院で特別公開が行われる他、気候も良く歩きやすいので、秋と並んで美術鑑賞に訪れるには最適です。

※特別公開の日程、休止日等については、訪問前に各寺院の公式HP等で最新の情報を確認して下さい。

日本国宝展の詳細

今秋開催の日本国宝展(2014年10月15日~12月7日、東京国立博物館)の公式ページが公開されていました。

日本国宝展

主催社の1社NHKプロモーションの展覧会紹介ページ、同じく主催社の読売新聞の正月版に掲載されていた情報も含めると、現時点で以下の作品が出品される予定のようです。

・土偶(縄文のビーナス) 縄文時代、長野県茅野市出土
・土偶(縄文の女神) 縄文時代、山形県舟形町出土
・土偶(合掌土偶) 縄文時代、青森県八戸市出土
・土偶(中空土偶) 縄文時代、北海道函館市出土

・金印(漢委奴国王印) 弥生時代、福岡市博物館蔵

・玉虫厨子 飛鳥時代、法隆寺蔵

玉虫厨子
《玉虫厨子》 部分

・元興寺極楽坊 五重小塔 奈良時代、元興寺蔵

・多聞天立像 平安時代、興福寺東金堂蔵
・普賢菩薩像 平安時代、東京国立博物館蔵
・舎利容器(金亀舎利塔) 平安時代、唐招提寺蔵
・倶利伽羅龍蒔絵経箱 平安時代、當麻寺奥院蔵

・善財童子立像 鎌倉時代、安倍文殊院蔵
・大井戸茶碗 銘 喜左衛門 朝鮮時代、大徳寺 孤篷庵蔵
・秋冬山水図 雪舟筆、室町時代、東京国立博物館蔵
・松に秋草図 長谷川等伯筆、安土桃山時代、智積院蔵

※全て国宝

松に秋草図
長谷川等伯《松に秋草図》 部分

出品作品は、美術的・歴史的価値の高い作品や、普段東京では見る機会が少ない作品が多く、いずれも貴重です。

縄文時代の土偶は、国宝に指定されている全5体のうち、今年新たに指定された1体を除く、4体が揃います。

弥生時代の《金印(漢委奴国王印)》は、歴史資料としても有名な作品です。

法隆寺所蔵の《玉虫厨子》は飛鳥時代の工芸作品の傑作で、普段は法隆寺の展示館の目玉となっている作品の一つです。

《元興寺極楽坊 五重小塔》(元興寺)、《多聞天立像》(興福寺東金堂)、《舎利容器(金亀舎利塔)》(唐招提寺)、《善財童子立像》(安倍文殊院)等は、制作年代は様々ですが、いずれも奈良の仏教美術の優品です。

絵画では、東京国立博物館所蔵の《普賢菩薩像》、雪舟筆の名作《秋冬山水図》の他、長谷川等伯の華麗な障壁画《松に秋草図》(智積院)が京都から出品されるようです。

奈良の特別公開(2014年春)

今年も、3月下旬から奈良の寺社で恒例の春の特別公開が始まっています。

秘宝・秘仏 – 知れば知るほど奈良はおもしろい

特別公開を行う寺社、特別公開される作品は毎年同じ場合が多いですが、その中では、特に法隆寺、薬師寺、法華寺、室生寺が見どころが多いかと思います。

飛鳥美術の宝庫の法隆寺と、大規模な白鳳仏を複数所蔵する薬師寺は、通常公開されている仏像、美術だけで相当な見応えがあるため、特別公開の時期以外でも十分訪問する価値があると思いますが、特別公開の時期であれば、普段よりさらに多くの美術を見ることが可能です。

法隆寺では、飛鳥時代の名仏、夢殿 救世観音の特別公開(4/11~5/18)と、大宝蔵殿での秘宝展(3/20~6/30)が開催されます。

法隆寺 救世観音
法隆寺 救世観音

また、薬師寺では、大宝蔵殿での宝物の公開(3/23~3/31、4/26~5/6)が行われます。

一方で、佐保・佐紀路の法華寺、宇陀市の山奥にある室生寺は、見どころの中心となる美術(仏像、絵画)が特別公開の時期にしか公開されないため、訪問するのであれば特別公開の時期(法華寺は春と秋の2回、室生寺は春夏秋の3回)に合わせて行くのが良いと思います。

法華寺では、国宝十一面観音菩薩立像の特別公開(3/20~4/7)と国史跡・名勝庭園の特別公開(4/1~6/10)が行われます。

また、室生寺では金堂の、釈迦如来像、十一面観音像等の平安仏が特別公開(3/15~4/21)されます。

室生寺 釈迦如来立像
室生寺 釈迦如来立像


[画像出典]
法隆寺 救世観音: Tokyo Bijutsu Gakko(Tokyo Fine Arts School and Tokyo Music School): HORYUJI OKAGAMI (64 VOLUMES) [The Great Art of the Horyuji Temple] Volume 51st, 1918-01-30, Tokyo, Japan. Via Wikimedia Commons
室生寺 釈迦如来立像: The Muro-ji, an eighth century Japanese temple: its art and history (Tokyo: Bijutsu Shuppansha 1954). Via Wikimedia Commons