東京の美術大学・芸術大学の卒業制作展(2018年)

2018年の、東京の美術系、芸術系大学の卒業・修了制作展の日程を、現時点で確認できた範囲でまとめました。

・武蔵野美術大学 卒業・修了制作展
2018年1月18日(木)~2018年1月21日(日)
武蔵野美術大学 平成29年度 卒業・修了制作展

・東京造形大学 ZOKEI展
2018年1月20日(土)~1月21日(日)
東京造形大学 ZOKEI展(卒業制作展)

・東京藝術大学 卒業・修了作品展
2018年1月28日(日)〜2月3日(土)
東京藝術大学 卒業・修了作品展

・東京工芸大学 芸術学部 卒業・大学院修了制作展
2018年2月23日(金)〜25日(日)
東京工芸大学 芸術学部 卒業・大学院修了制作展

この他、例年3月に多摩美術大学、女子美術大学の卒業・修了制作展も開かれるようですが、まだ実際の日程を確認できません。

来年、東京でも鳥獣戯画展が開催予定

今秋の京都での鳥獣戯画展に続き、来年東京国立博物館でも鳥獣戯画展が開催されるようです。

特別展 鳥獣戯画 京都高山寺の至宝

京都での展示と同様、高山寺蔵の鳥獣戯画(鎌倉時代、国宝)全四巻が出品される他、同寺蔵の明恵上人像(鎌倉時代、国宝)、華厳宗祖師絵伝(鎌倉時代、国宝)等が公開されるようで、内容が期待されます。

会期は2015年4月28日から6月7日まで。

鳥獣戯画 甲巻 部分
鳥獣戯画 甲巻 部分

三井記念美術館で「東山御物の美」展が開催中

日本橋の三井記念美術館で、「東山御物の美」展(10/4-11/24)が開催されています。

特別展 東山御物の美 – 三井記念美術館

室町時代に足利将軍家に所蔵されていた中国美術コレクション(東山御物)の代表的作品が、各地の博物館から出品されているようです。

主な出品作品は、

伝 徽宗筆「秋景山水・冬景山水図」(金地院蔵、国宝)
伝 胡直夫筆「夏景山水図」(久遠寺蔵、国宝)
伝 銭選筆「宮女図」(国宝)
伝 李安忠筆「鶉図」(根津美術館、国宝)
李迪筆「雪中帰牧図」(大和文華館、国宝)
李迪筆「紅白芙蓉図」(東京国立博物館、国宝)
牧谿筆「漁村夕照図」(根津美術館、国宝)
牧谿筆「遠浦帰帆図」(京都国立博物館、国宝)

等で、国内に残る南宋絵画の名作が多数出揃います。

伝 胡直夫筆 夏景山水図
伝 胡直夫筆 夏景山水図

京都の特別公開(2014年秋)

今秋の京都の寺社の特別公開スケジュールが、以下サイトで公開されていました。

京都の特別拝観・一般公開 – KYOTO design

仏像や仏教絵画に見どころの多い主要寺院では、主に以下の特別公開が予定されています。

東寺 宝物館 秋季特別展 (9月20日~11月25日) 
東寺 観智院 特別公開 (9月20日~11月25日)
・仁和寺 霊宝館 秋季名宝展 (10月1日~11月24日) 
・清凉寺 霊宝館 秋期特別公開 (10月1日~11月30日)
青蓮院門跡 青龍殿 青不動明王ご開帳 (10月8日~10月23日)
・醍醐寺 霊宝館 秋期特別公開 (10月11日~12月7日)

禅宗庭園や禅宗美術に見どころの多い寺院では、主に以下の特別公開が予定されています。

大徳寺 本坊 特別公開 (9月20日~10月11日)
銀閣寺 秋の特別拝観 (10月4日~11月30日)
大徳寺 興臨院 特別公開(10月11日~12月15日)
大徳寺 本坊 曝涼展 (10月12日)
大徳寺 高桐院 曝涼展 (10月12日)
大徳寺 黄梅院 特別公開(10月12日~12月7日)
東福寺 秋の特別拝観 (11月1日~12月7日)

なお、今秋は、京都国立博物館で新常設館の開館記念展(京へのいざない展 9月13日~11月16日)、国宝鳥獣戯画と高山寺展(10月7日~11月24日)も開催されます。

奈良の特別公開(2014年秋)

奈良の寺社の、今秋の特別公開スケジュールが以下サイトで確認できました。

知れば知るほど奈良はおもしろい – 秘宝・秘仏

主要寺院では、例年同様、以下の特別公開が予定されています。
・法隆寺 大宝蔵殿 (9/11-11/30)
・法隆寺 救世観音 (10/22-11/22)
・薬師寺 大宝蔵殿 (10/8-11/30)
・法華寺 十一面観音、阿弥陀仏三尊及び童子像 (10/24-11/12)
・室生寺 金堂諸仏 (11/1-12/14)

法隆寺 救世観音
法隆寺 救世観音

例年通りのスケジュールですが期間が非常に限られているものとしては、以下の特別公開があります。
・東大寺 僧形八幡神坐像(10/5)
・興福寺 南円堂(10/17)
・法隆寺上御堂 釈迦三尊像(11/1-11/3)

南円堂 四天王立像 多聞天
南円堂 四天王立像 多聞天

また、例年にない特別公開としては、
・興福寺 東金堂の後堂の公開(10/24-11/24)
・春日大社の神体 御蓋山(春日山)の参拝所開放(9/12-12/20)
等が行われるようです。

秋は奈良の多くの寺社で特別公開が行われ、1,2度の訪問でそれらを網羅するのは難しいですが、上記の中では、特に法隆寺 救世観音、室生寺金堂の諸仏、興福寺南円堂の諸仏、法華寺 十一面観音等が優先的に見ておきたい仏像として挙げられるかと思います。

出光美術館で宗像大社国宝展が開催中

福岡県 宗像大社の所蔵品を展示する「宗像大社国宝展」が、現在出光美術館で開かれているようです(8/16~10/13)。

宗像大社国宝展 – 出光美術館

古代から中世にかけて同県沖ノ島に献納品として埋められた、装飾品、工芸品等の国宝文物約8万点の一部が出品されています。

同社の所蔵品全体の規模から比べると小規模な出品ではありますが、遠方のため訪問しづらく、また首都圏の展覧会で紹介される機会も少ない同社の所蔵品を見られる良い機会だと思います。

京都国立博物館「京へのいざない展」の詳細

京都国立博物館で、来月常設展用の新しい展示館が開館しますが、その開館の際に開かれる所蔵作品展 「京へのいざない」展(9/13-11/16)の出品作品の詳細が、同館ウェブサイトで公開されていました。

京へのいざない展 – 京都国立博物館
京へのいざない展 チラシ – 京都国立博物館 (PDF)

普段は展示される機会が少ない絵画や書の名作も含め、同館の代表的な所蔵品(京都や奈良の複数の寺院からの寄託品も多く含む)がまとめて展示されるようです。

また、全2期のうちの第1期(9/13-10/13)は、特に出品作品が充実しており、雪舟筆 天橋立図(京博蔵)、同 山水図(同)、如拙筆 瓢鮎図(退蔵院蔵)、伝源頼朝像(神護寺蔵)、伝平重盛像(同)、阿弥陀二十五菩薩来迎図(知恩院蔵)、法然上人絵伝(同)等、中世絵画の名作が多く出品されるようです。

如拙筆 瓢鮎図
如拙筆 瓢鮎図

2014年の正倉院展の詳細が判明

今年の正倉院展の詳細が、奈良国立博物館(会場)と読売新聞社(主催社)のサイトで公開されていました。

第66回 正倉院展 – 奈良国立博物館
第66回 正倉院展 – 読売新聞

会期は例年通り10月下旬から11月中旬にかけて(10月24日(金)~11月12日(水))で、鳥毛立女屏風(とりげのじょのびょうぶ)、伎楽面 崑崙、檳榔木画箱(びんろうもくがのはこ)等の作品が出品されるようです。

鳥毛立女屏風 第4扇 部分
鳥毛立女屏風 第4扇 部分

正倉院には、天平時代の美術の名品(海外からの伝来品も一部含む)が約9000件収められていますが、公開されるのは、原則、年に1度の正倉院展の機会のみのため(しかも出展点数は毎回60~70点程度のため)、毎回の展示が貴重です。

薬師寺の見どころ 6選

奈良市中西部の西ノ京地域に位置する薬師寺は、東大寺、興福寺、唐招提寺、法隆寺等と共に奈良を代表する寺院の一つで、白鳳末期から奈良時代にかけての重要な仏像、絵画、建築を複数有しています。

1. 金堂 薬師如来坐像

飛鳥〜奈良時代(8世紀初め)、国宝

金堂に安置されている本尊の薬師如来坐像。白鳳期あるいは天平期の制作(薬師寺は平城京の造営の際に飛鳥から奈良に移転したが、金堂の薬師三尊像はその際に飛鳥から持ち込まれた像なのか、それとも平城京で新規制作された像なのか説が分かれている)。台座には、異国風の神像、人物等のモチーフの装飾が施されている。

薬師如来坐像
薬師如来坐像

2. 金堂 日光・月光菩薩立像

飛鳥〜奈良時代(8世紀初め)、国宝

金堂の本尊薬師如来坐像の脇侍像。白鳳期あるいは天平期の制作(制作年代についての詳細は薬師如来坐像の項目を参照)。

日光・月光菩薩立像
日光・月光菩薩立像(両脇)

3. 東院堂

鎌倉時代(1285年)、国宝

薬師寺伽藍の南東部、回廊の外に位置する仏堂で、堂内には聖観音菩薩立像が安置されている。

東院堂
東院堂

4. 東院堂 聖観音菩薩立像

飛鳥〜奈良時代(8世紀初め)、国宝

東院堂の本尊の聖観音菩薩立像。金堂の薬師三尊像同様、制作が飛鳥で行われたか平城京で行われたかについては議論が分かれている。

聖観音菩薩立像
聖観音菩薩立像

5. 東塔

奈良時代(730年)、国宝

薬師寺の建物のうち奈良時代の創建時から残っている唯一の建築。三重塔だが、一層ごとに飾りの屋根が一層付いており、外見上は六層の塔に見える珍しい建築様式。塔の先端の相輪の先には天人を象った金属装飾(水煙)が施されている。2019年まで大規模な解体修理中で、見学できない。

東塔
東塔

6. 吉祥天像

奈良時代(8世紀)、国宝

仏教の守護神の一つ吉祥天を描いた絵画で、奈良時代の絵画の貴重な作例。吉祥天を本尊として五穀豊穣と国家の安泰を願う、吉祥悔過という仏教儀礼の本尊として制作されたと考えられる。通常非公開で、毎年原則1月1日から15日のみ公開される。

吉祥天像
吉祥天像


[参考文献]
長岡龍作『日本美術全集 第2巻 飛鳥・奈良時代Ⅰ 法隆寺と奈良の寺院』、小学館、2012年、p274−277
浅井和春『日本美術全集 第3巻 奈良時代Ⅱ 東大寺・正倉院と興福寺』、小学館、2013年、p240
山本勉『日本美術全集 第7巻 鎌倉・南北朝時代Ⅰ 運慶・快慶と中世寺院』小学館、2013年、p266


[画像出典]
Yakushiji Nara11s5bs4200.jpg by 663highland (東塔)
Yakushiji Toindo.jpg by KENPEI (東院堂)

唐招提寺の見どころ 8選

奈良市中西部の西ノ京地域に位置する唐招提寺は、東大寺、興福寺、薬師寺、法隆寺等と共に奈良を代表する寺院の一つで、寺が創建された奈良時代中期から後期にかけての建築や仏像を良く残しています。

1. 金堂

奈良時代(8世紀後半)、国宝

奈良時代後半に建造された唐招提寺の本堂で、奈良時代の本格的な金堂建築の現存唯一の例。堂内には盧舎那仏像、薬師如来立像、千手観音立像等が安置されている。

唐招提寺 金堂
金堂

2. 金堂 盧舎那仏坐像

奈良時代(8世紀後半)、国宝

金堂の本尊の盧舎那仏坐像。奈良時代後期を代表する仏像の1体。

唐招提寺 金堂 盧舎那仏坐像
盧舎那仏坐像

3. 金堂 薬師如来立像

奈良時代(8世紀後半)、国宝

本尊の盧舎那仏坐像の右に位置する薬師如来立像。国内の現存する薬師如来立像で最大の像。

唐招提寺 金堂 薬師如来立像
薬師如来立像(右)

4. 金堂 千手観音立像

奈良時代(8世紀後半)、国宝

本尊の盧舎那仏坐像の左に位置する薬師如来立像。5mを超える巨像(520cm)で、大小含め手を実際にほぼ千本有する数少ない千手観音の作例。

唐招提寺 金堂 千手観音立像
千手観音立像

5. 金堂 梵天、帝釈天像

奈良時代(8世紀後半)、国宝

盧舎那仏像の前方左右脇に設置されている梵天、帝釈天の二天像。

唐招提寺 金堂 梵天
梵天

6. 金堂 四天王像

奈良時代(8世紀)、国宝

盧舎那仏像の四隅に配置されている四天王像。

唐招提寺 金堂 四天王像像 多聞天
四天王像像 多聞天

7. 講堂

奈良時代(8世紀後半)、国宝

金堂の背後に位置する建物で、平城宮の宮殿建築(朝集殿)を移築したもの。移設の際と鎌倉時代の修理の際に建築様式に変更が加わっているが、古代の宮殿建築の唯一の遺例で、奈良時代の本格的な講堂建築としても現存唯一の例。

唐招提寺 講堂
唐招提寺 講堂

8. 鑑真和上坐像

奈良時代(8世紀)、国宝

唐招提寺を創立した鑑真和上の写実的な肖像彫刻。日本最古の肖像彫刻の遺品。御影堂に安置されている。

鑑真和上坐像
鑑真和上坐像


[参考文献]
浅井和春『日本美術全集 第3巻 奈良時代Ⅱ 東大寺・正倉院と興福寺』、小学館、2013年、p228−232


[画像出典]
Toshodaiji Nara Nara pref01s5s4290.jpg by 663highland (金堂)
Toshodaiji Nara Nara pref02s3s4560.jpg by 663highland (講堂)